買い取り価格が高いのはビジネス書?

が、実際は文庫本や新書は10円から50円、ハードカバーでは100円から500円でし
か買い取ってもらえないことが多くあります。
ただし、まれに希少本や絶版の本があり、それらは1000円以上で買い取ってもら
えることもあります。
また、絶版本や希少本だけではなく、
今話題になっている本も比較的高値で買い取ってもらえると言う特徴があります

例えば、映画化が決定した作品の原作本であったり、
アニメ化になった原作本が一時的に人気になることがあります。

もちろん一時的なものではありますが、もしアニメ化・ドラマ化された作品の原
作本で読まないものを持っているのでしたら、買い取ってもらうと案外高く売れ
たりするでしょう。

古本と違って古書は査定をするのに専門の知識が必要になります。
そのため、買取業者によって買い取り価格に雲泥の差があります。
例えば、ブックオフのような一般的な買取業者ですと、
機械的に価格を査定しているため、買取不可であったり、
二束三文でしか買い取ってくれないことが多くあります。

せっかく価値がある本でもその価値を正しく査定してくれないのは残念ですよね

ですから、古書を適正価格で売りたいのでしたら、
ブックオフなどの大手買取業者ではなく、
古書専門の買取業者で買い取ってもらうか、
ヤフオクに出品する必要があります。